坐骨神経痛

LINE予約・お問い合わせをする

こんなお悩みありませんか?

  • 痛み止めで痛みをごまかしている
  • 坐骨神経痛が治ったら、スポーツがしたい!
  • 病院では薬や注射で改善がみられない
  • 手術をすすめられる
  • 年々、坐骨神経痛がひどくなる

坐骨神経痛はお尻や太もも、膝の裏の痺れや痛みが強く、安静にしていても痛みがあり眠れないなど、強い症状を訴える方もいます。
日常生活にも支障があり、専門機関で受診している方は痛い”ブロック注射”や”手術”をすすめられる方もしばしばです。
しかし、坐骨神経痛は高齢者の方も多く手術を躊躇される方も多いです。
取手市腰痛専門.comでは、手術をしなくても坐骨神経痛の痛みを緩和できることがあります。
ブロック注射や手術を悩まれている方はご相談ください。

取手市腰痛専門.com| マンガで読む坐骨神経痛 before

坐骨神経痛で手術をすすめられたり、痛いブロック注射をすすめられたお客様が良くご相談にきますが、坐骨神経痛は手術やブロック注射をしなくても痛みを抑え上手に付き合える方法があります。

手術をしても、骨盤の歪みを改善しないとまた繰り返します。
逆に、手術をしなくても骨盤の歪みを整え、神経の圧迫をとると痛みが驚くほど楽になります。

取手市腰痛専門.com| マンガで読む坐骨神経痛 after

取手市腰痛専門.com| 坐骨神経痛と腰痛のちがい 

坐骨神経痛の主な症状
  • 座っていても、腰や足の痛みがひどい
  • お尻から太ももの裏に痺れが走る
  • ふくらはぎの一部だけ強い痛みやしびれが走る
  • 下半身に締めつけ感、違和感を感じる
  • 腰の痛みがひどく、腰が曲げたままの生活をおくっている

     

坐骨神経痛は普通の腰痛より痛みやしびれがひどく、お尻から太ももの裏がつるような痛みが走るのが特徴です。
座っていても、寝ていても痛みがひどいことがあり、一度治っても、
同じ症状を繰り返すこともあります。
薬で痛みを緩和している方も多いですが、薬が効かなくなってくることもありますので、
対処療法ではなく、原因である腰椎の歪みからしっかり治すことをお勧めしています。

取手市腰痛専門.comでは、坐骨神経痛、椎間板ヘルニア脊柱管狭窄症共に、
症状が似ておりますので、一度は病院でしっかりと検査をしてもらうことをお勧めし、ヘルニアなのか、腰椎の歪みなのか原因をしっかりと見極めてから、痛みの元を根本から施術することにより痛みを緩和できるお手伝いをさせていただきます。
我慢できない腰の痛みや改善のご相談は諦めずに取手市腰痛専門.comにご相談ください!

予約特典あり!

LINE予約・お問い合わせをする