ギックリ腰は…腰や骨盤を構成する筋肉、骨格、靭帯などを損傷したために起こる急性炎症です。

Q どうしてなるの?
A 腰に対する急な負荷(荷物を持ち上げた、腰を捻ったなど)だけでなく、体重の増加や筋肉の硬さなど身体のコンディションが悪いと、少しの負荷でも起こります。

Q ギックリ腰になってしまったらどうすればいいの?
A まずは痛みの場所を冷やしてください。炎症を抑えて痛みを和らげます。
その後、動けるようになったら治療院でしっかり検査をして症状に合った治療をしましょう。

Q 治る目安は?
A 炎症が落ち着く目安は7日~10日です。なかでも急性期が3日~4日なので、大きな痛みは3日ほどで落ち着きます。しかし、痛みが落ち着いたからといって治っているわけではないので油断すると再発します。炎症期の後2~3週間の修復期を経て良くなります。
症状としては、痛み→重だるさ→凝っている感じ→違和感→治癒の流れです。

Q ギックリ腰にならないための対策はあるの?
A 物を持ち上げる時は膝を曲げゆっくり持ち上げる。腰に負担になる姿勢をしない。筋肉(インナーマッスル)を鍛える。ストレッチで疲労をとるなど。痛みの動作に注意するだけでなく、普段の身体作りやコンデイションケアが大切です。